土木技術の古代史

青木敬 著

古代から、土木技術は社会発展の礎となってきた。日本各地の古墳や名だたる仏教寺院・宮殿建築を生み出してきた伝統的工法を、豊富な発掘成果とともに紹介。古代の先端技術から、当時の人々が目指した社会を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 土木技術と歴史-プロローグ
  • 列島を二分した技術-古墳時代前期
  • 脆弱だった東西の融合-古墳時代中期
  • 古墳の転換点-古墳時代後期
  • 仏教寺院と土木技術-飛鳥時代
  • 寺院・宮殿建築の変容-奈良時代
  • 土木技術からみた日本古代史-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土木技術の古代史
著作者等 青木 敬
書名ヨミ ドボク ギジュツ ノ コダイシ
書名別名 Doboku gijutsu no kodaishi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 453
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.10
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05853-7
NCID BB24438266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22952484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想