職業としての地下アイドル

姫乃たま 著

「有名になって見返したい」「なんとなくの好奇心」から踏み入れた世界-。承認されたいアイドル平均21.6歳と認知されたいファン平均35.4歳。互いに深く求め合う「欲求」依存。本気でアイドルと結婚したい「ガチ恋ファン」。ライブ会場で発生するホモソーシャル。グラビア→AV、枕営業のリアル…。膨張する地下アイドルシーンの実態。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地下アイドルとは何か(オタク市場の30%を占めるアイドル市場
  • 下克上を夢見るアイドル戦国時代 ほか)
  • 第2章 地下アイドルの生態(平均年令21.6歳、チェキ1回500円
  • どんな女の子が地下アイドルになるのか ほか)
  • 第3章 なぜ彼女たちはアイドルのようなものになりたがるのか(地下で有名になりたがっている女の子たち
  • 副業・地下アイドル ほか)
  • 第4章 地下アイドルたちの精神と生活(地下アイドルは病んでいるのか
  • 「仕事」を心配する地下アイドル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 職業としての地下アイドル
著作者等 姫乃 たま
書名ヨミ ショクギョウ ト シテ ノ チカ アイドル
シリーズ名 朝日新書 631
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.9
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273731-1
NCID BB24427408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22952685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想