中学校「理科の見方・考え方」を働かせる授業

山口晃弘, 江崎士郎 編著

「理科の見方・考え方」を働かせて資質・能力を育成する…ってどういうこと!?量的・関係的、質的・実体的、多様性と共通性、時間的・空間的、規則性や関係性、共通点と相違点、比較、関係付け…など、様々な「見方・考え方」が授業をもっと面白くする!32事例。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編-新しい学習指導要領を読み解こう(新学習指導要領のポイント-「理科の見方・考え方」を働かせて、「資質・能力」を育成する
  • 資質・能力の育成に向けて学年ごとに重視する学習のプロセス
  • 資質・能力を育成するためのスキルやツールの活用
  • 理科の見方・考え方を働かせる単元計画と評価
  • 生徒を学びに向かわせるために-理科授業のAL(アクティブ・ラーニング)化)
  • 第2部 実践編-学び方を明確にして、授業の幅を広げよう(エネルギー「力の働き」
  • 粒子「身の回りの物質とその性質」
  • 粒子「状態変化と熱」
  • 生命「生物の観察」
  • 生命「生物の特徴と分類の仕方」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中学校「理科の見方・考え方」を働かせる授業
著作者等 山口 晃弘
江崎 士郎
書名ヨミ チュウガッコウ リカ ノ ミカタ カンガエカタ オ ハタラカセル ジュギョウ
書名別名 Chugakko rika no mikata kangaekata o hatarakaseru jugyo
出版元 東洋館出版社
刊行年月 2017.8
ページ数 196p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-491-03387-7
NCID BB24396199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想