女興行師吉本せい

矢野誠一 著

大正時代大阪演芸界を席捲した"吉本興業部"-現在の吉本興業の土台を作り上げた希代の名プロデューサー吉本せい。夫との死別後、弟たちと力をあわせて社業を盛り立てた六〇年の生涯を辿りつつ、桂春団治、エンタツ・アチャコら藝人たちの藝と生き方、「落語から漫才へ」と動く関西演藝の激動期を鮮やかに描く。NHK連続テレビ小説『わろてんか』主人公のモデルになった女社長の一代記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家庭
  • 1 第二文藝館
  • 2 桂春團治と安来節
  • 3 万歳と小市民
  • 4 エンタツ・アチャコ
  • 5 落語との訣別
  • 6 崩壊
  • 終章 南区心斎橋筋二丁目

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女興行師吉本せい
著作者等 矢野 誠一
書名ヨミ オンナコウギョウシ ヨシモト セイ : ナニワ エンゲイシタン
書名別名 浪花演藝史譚
シリーズ名 ちくま文庫 や28-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.9
版表示 新版
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43471-5
NCID BB24388827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22969075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想