病院で働く心理職

野村れいか 編著 ; 国立病院機構全国心理療法士協議会 監修

次世代の心理職および公認心理師を目指す人のために。多職種協働や保健医療分野への入り方、医療現場で役立つ知識などのノウハウを得るための最適な1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病院で働く心理職・総論(病院組織への参入-社会人・医療人として求められる姿勢
  • 他職種との協働 ほか)
  • 第2章 病院で働く心理職・各論(精神科
  • 児童思春期 ほか)
  • 第3章 他職種からみた心理士(医師の立場から
  • 看護師の立場から ほか)
  • 第4章 Q&A(病院で初めて心理士として採用されました。何から始めたらいいかわかりません。何をすればいいですか?
  • 検査の所見を他職種にわかりやすく書くコツはありますか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院で働く心理職
著作者等 国立病院機構全国心理療法士協議会
野村 れいか
書名ヨミ ビョウイン デ ハタラク シンリショク : ゲンバ カラ ツタエタイ コト
書名別名 現場から伝えたいこと

Byoin de hataraku shinrishoku
出版元 日本評論社
刊行年月 2017.9
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-56360-5
NCID BB24388237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22950221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想