われ敗れたり

米長邦雄 著

プロ棋士とコンピュータの対局が世間の注目を集める中、日本将棋連盟会長の米長邦雄は、当時最強と言われたボンクラーズの対戦相手に自らを指名した。元名人とはいえ引退から八年経った棋士に勝機はあるのか。研究を重ねた米長は、ついに「敵」の弱点を突く秘策を見つける-。棋士対AIの先駆けともいえる大一番の全記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間を凌駕しようとするコンピュータ将棋ソフト
  • 第2章 後手6二玉への道
  • 第3章 決戦に向けて
  • 第4章 1月14日、千駄ヶ谷の戦い
  • 第5章 記者会見全文
  • 第6章 コンピュータ対人間、新しい時代の幕開け
  • 第7章 自戦解説
  • 第8章 棋士、そして将棋ソフト開発者の感想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われ敗れたり
著作者等 米長 邦雄
書名ヨミ ワレ ヤブレタリ : コンピュータ キセン ノ スベテ オ カタル
書名別名 コンピュータ棋戦のすべてを語る
シリーズ名 中公文庫 よ61-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.8
ページ数 218p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206448-5
NCID BB24377864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22939463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想