激情回路

R・ダグラス・フィールズ 著 ; 米津篤八, 杉田真 訳

穏やかな人が、突然キレて、暴力行為に及ぶことは珍しくない。導火線に火がついたら最後、私たちの脳にある「殺し」のプログラムが作動するのだ。人間が我を忘れるのは、どのような状況においてだろうか。それは、ピンチにおいて「火事場の馬鹿力」になりうるか。常識では説明のつかない行動の意味を、スリリングに解きあかす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 激情反応(突発的な暴力
  • 激情の神経回路
  • トリガーは何か? ほか)
  • 第2部 警戒警報(正しいことをすばやくやる
  • 脅威の風味
  • 英雄と臆病者 ほか)
  • 第3部 調和の道(セックス、そして愛
  • 争いに満ちた世界
  • 回路を超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 激情回路
著作者等 Fields, R. Douglas
杉田 真
米津 篤八
フィールズ R.ダグラス
書名ヨミ ゲキジョウ カイロ : ヒト ワ ナゼ キレル ノカ
書名別名 WHY WE SNAP

人はなぜ「キレる」のか
出版元 春秋社
刊行年月 2017.8
ページ数 456p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-36548-9
NCID BB24366176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22945696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想