BEPS

望月一央 著

世界を知っている著者ならではのBEPS教科書。超優良企業の節税スキームやFATCA、パナマ文書も実はBEPSにつながるキーワード。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 BEPSってなんだ?(なぜ、いまBEPSなのか?
  • BEPSって…?内包する意味は…?
  • 税一般のルール、そして国際ルールとは?
  • 二重課税と二重非課税を排除するための租税条約?
  • BEPSと唯一の国際ルール「移転価格税制」との関係は? ほか)
  • 2 「BEPS」の具体的な像(BEPS行動計画の具体的内容
  • BEPS行動計画の推移
  • 行動計画1 電子経済の課税上の課題への対処
  • 行動計画2 ハイブリッド・ミスマッチに係る取極の効果の無効化
  • 行動計画3 CFC税制の強化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 BEPS
著作者等 望月 一央
書名ヨミ ベップス : ウゴキダシタ コクサイ ゼイム キジュン
書名別名 動き出した国際税務基準
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2017.9
ページ数 203p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-24161-1
NCID BB24360271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22952112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想