感じる花

スティーブン・バックマン 著 ; 片岡夏実 訳

なぜ人は花を愛でるのか?花の味や香りは人の暮らしをどのように彩ってきたのか?太古の時代から続く芸術や文学の重要なモチーフとしての花の姿から、グルメや香水など人の娯楽、遺伝子研究や医療での利用まで、花をめぐる文化と科学のすべてがわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 花の味と香り(花を食べる
  • 嗅覚の芸術)
  • 第2部 文学、美術、神話の中の花(秘密の花の言葉
  • ページの上の花
  • 花の力-美術における花の意味)
  • 第3部 科学と医療に貢献する花(花と科学者
  • 身体と心を癒す花の効能)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感じる花
著作者等 Buchmann, Stephen L
片岡 夏実
Buchmann Stephen
バックマン スティーブン
書名ヨミ カンジル ハナ : ヤッコウ ゲイジュツ ダーウィン ノ ニワ
書名別名 The Reason For Flowers

薬効・芸術・ダーウィンの庭
出版元 築地書館
刊行年月 2017.8
ページ数 187p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8067-1543-6
NCID BB24356241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想