考える花

スティーブン・バックマン 著 ; 片岡夏実 訳

子孫を残すため、花が昆虫に花粉を運ばせるためにとる秘策とは?人は花本来の姿をどのように操作してきたのか?植物の生殖器としての花がたどった進化や花粉媒介者とのかかわりから、多様な花の栽培技術やグローバルな流通・貿易事情の歴史まで、花をめぐる科学と文化のすべてがわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生殖と起源(気を引くための技法
  • 花とその祖先
  • 花粉媒介者たち)
  • 第2部 花を育てる、品種改良する、売る(趣味の庭園今昔
  • 永遠の花
  • 人が創った花
  • ジャンボジェットで届く花)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える花
著作者等 Buchmann, Stephen L
片岡 夏実
Buchmann Stephen
バックマン スティーブン
書名ヨミ カンガエル ハナ : シンカ エンゲイ セイショク センリャク
書名別名 The Reason For Flowers

進化・園芸・生殖戦略
出版元 築地書館
刊行年月 2017.8
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8067-1542-9
NCID BB24356183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想