経済成長という呪い

ダニエル・コーエン 著 ; 林昌宏 訳

私たちは無限の欲望という「呪い」から逃れられるのか。経済成長なき産業革命の時代でも進歩はありうるのか。人類史という壮大なアプローチから、"閉じてゆく"21世紀世界を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 経済成長なき進歩はありうるのか
  • 第1部 経済成長の源泉(人類の時代-世界を支配するに至った「文明化」の過程
  • 脱出-絶滅の危機
  • 二〇二六年一一月一三日-人類を救った予想外の人口転換 ほか)
  • 第2部 未来だ、未来だ(テクノロジーの特異点が迫りつつある
  • 人間の労働はどうなるのか
  • 失われた経済成長 ほか)
  • 第3部 進歩を再考する("新たな"大転換
  • 自主独立とサバイバル
  • 神話と恨み-物質的な富から解放されない人間 ほか)
  • 結論 トライアングル地獄からの脱出と超越

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済成長という呪い
著作者等 Cohen, Daniel
林 昌宏
コーエン ダニエル
書名ヨミ ケイザイ セイチョウ ト イウ ノロイ : ヨクボウ ト シンポ ノ ジンルイシ
書名別名 LE MONDE EST CLOS ET LE DÉSIR INFINI

欲望と進歩の人類史
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2017.9
ページ数 206,16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-31502-6
NCID BB2435290X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22945816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想