福島第一原発事故の法的責任論  1

丸山輝久 著

[目次]

  • 1部 福島第一原発の概要と過酷事故の原因(原発の仕組みと内包する危険
  • 福島第一原発の概要
  • 本件原発事故の経緯とその状況
  • 福島第一原発設置時からの問題点
  • ベント、海水注入の遅れがSAの原因 ほか)
  • 2部 福島第一原発事故の責任概論(東京電力の法的責任と根拠事実の整理
  • 東京電力元役員らの刑事上の責任
  • 東京電力の民事上の責任
  • 国の法的責任
  • 「原子力ムラ」の実態とその関係者の責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島第一原発事故の法的責任論
著作者等 丸山 輝久
書名ヨミ フクシマ ダイイチ ゲンパツ ジコ ノ ホウテキ セキニンロン
書名別名 国・東京電力・科学者・報道の責任を検証する
巻冊次 1
出版元 明石書店
刊行年月 2017.8
ページ数 420p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-4558-1
NCID BB24347262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946927
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想