国宝の政治史

家永真幸 著

[目次]

  • 1 中国の近代国家建設と国宝形成(ミュージアム概念の受容-清末中国における「博物館」(一八四〇年代‐一九〇〇年代)
  • 「保護」の思想と歴史の継承-清朝皇室コレクションの「博物館」化(一九〇〇年代‐一九二八)
  • 文物の移動と「国宝」化-南京国民政府による接収と「故宮文物」形成(一九二八‐一九四九)
  • 近代的シンボルの創出-南京国民政府期における「パンダ外交」の形成(一九二八‐一九四九))
  • 2 分断国家の国宝をめぐる中台関係の展開(国際冷戦体制下の文化内戦-故宮文物をめぐる国共対立の展開(一九四九‐一九七二)
  • 文化内戦の脱冷戦化と国際レジーム化-中華人民共和国による「パンダ外交」の継承(一九四九‐二〇一一)
  • 分断の解消、肯定、迂回をめぐる力学-「台湾化する台湾」における中国国宝問題(一九七二‐二〇一六))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国宝の政治史
著作者等 家永 真幸
書名ヨミ コクホウ ノ セイジシ : チュウゴク ノ コキュウ ト パンダ
書名別名 Redefining "Chinese" National Treasures

Redefining "Chinese" National Treasures : 「中国」の故宮とパンダ

Kokuho no seijishi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.8
ページ数 310,27p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-026156-2
NCID BB2434405X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想