世界航海史上の先駆者 鄭和

寺田隆信 著

一五世紀のはじめ、二九年間に七度も大船隊を率いて、東南アジアからインド・アフリカ東岸にまで及ぶ広い海域に活動した鄭和の事績は、人々を驚かせる。しかし、それは規模の大きさや華々しさのみで注目されるべきものではない。八世紀の唐末以来、時代をおって発展してきた海上貿易の歴史を前提としてはじめて、大航海はなりたつ。「大航海時代」以前に、東・西アジアの二つの世界は、海路でつながっていた事実を、見逃してはならない。本書は、当時の航海術や造船技術にもふれながら、鄭和の事績をイスラム新史料にも目をくばりつつ書き下ろした労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 海のシルクロード(唐宋時代
  • モンゴル時代
  • 明王朝の成立
  • 成祖の治世)
  • 2 中国人の海から(宦官鄭和
  • 爪哇国と古里国
  • 暹羅国と柯枝国
  • 満刺加国と錫蘭国)
  • 3 アラビア海をこえて(蘇門答刺国と忽魯謨斯国
  • 溜山国と阿丹国
  • 木骨郡束国と卜刺哇国
  • 天方国と榜葛刺国)
  • 4 大航海のあとに(大事業を生みだしたもの
  • 「鄭和航海図」
  • 西洋取宝船
  • 鄭和以後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界航海史上の先駆者 鄭和
著作者等 寺田 隆信
書名ヨミ セカイ コウカイ シジョウ ノ センクシャ テイ ワ
シリーズ名 新・人と歴史拡大版 21
出版元 清水書院
刊行年月 2017.8
版表示 復刊
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-44121-0
NCID BB24341812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想