日本のネット選挙

岡本哲和 著

[目次]

  • 日本のネット選挙について
  • 第1部 候補者・政治家とインターネット(ネット選挙の「黎明期」:2000年衆院選の分析
  • ネット利用の「拡大期」:2004年参院選の分析
  • 利用拡大から「成熟」へ:2005年衆院選の分析)
  • 第2部 有権者とインターネット(候補者によるウェブサイトは得票に影響を及ぼすか:2007年参院選データによる分析
  • ウェブサイトへのアクセスと投票意思決定行動との関連:2010年参院選有権者調査データを用いた分析
  • 地方選挙における有権者とインターネット:2011年大阪市長選の分析)
  • 第3部 ネット選挙解禁とその後(ネット選挙の「解禁」までの状況
  • ネット選挙解禁後の国政選挙:2013年参院選および2014年衆院選の分析
  • 10代有権者とネット選挙:2016年参院選の分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のネット選挙
著作者等 岡本 哲和
書名ヨミ ニホン ノ ネット センキョ : レイメイキ カラ ジュウハッサイ センキョケン ジダイ マデ
書名別名 Internet Campaigning in Japan

Internet Campaigning in Japan : 黎明期から18歳選挙権時代まで

Nihon no netto senkyo
出版元 法律文化社
刊行年月 2017.8
ページ数 180p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03863-0
NCID BB24335004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想