言語多様性の継承は可能か

寺尾智史 著

「言語多様性」についてより深く考究した増補新版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ミランダ語-「むくつけき田舎なまり」から「ポルトガル唯一の少数言語」へ(イベリア半島における「弱小少数言語」の位相
  • むくつけき鄙の谷のファラ・チャラ ほか)
  • 第2章 アラゴン語-王室のことばから谷底の俚言(パトワ)へ(アラゴン語か"アラゴン方言"か-外部からの再発見と同定
  • アラゴン語の東の果て-維持されるカタルーニャ語との接触 ほか)
  • 第3章 少数言語保全と言語多様性保全との相克-アイデンティティ・ポリティクスの末路としての少数言語保全は言語多様性保全につながるか(少数言語保全と言語多様性保全-その関係性
  • ボリビアからの照応 ほか)
  • 第4章 言語多様性は継承できるのか-東アジアからことばのグローバリズムを照らし返す("上海語"のふしぎ-「言語内言語」再考
  • 漢字という前近代的廃品は回収不可能か-「声と文字」再考からの取りかかり ほか)
  • 第5章 液状化社会における言語多様性継承の可能性-その多層的舞台配置を母語環境から探る(播磨の奥(=加古川流域の中心)と近代「地方語詩」の黎明
  • 播州ことばというスティグマ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語多様性の継承は可能か
著作者等 寺尾 智史
書名ヨミ ゲンゴ タヨウセイ ノ ケイショウ ワ カノウ カ
出版元 彩流社
刊行年月 2017.8
版表示 新版
ページ数 270,15p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-2219-4
NCID BB24326320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22939297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想