戦国京都の大路小路

河内将芳 著

平安京の衰退、長きにわたる応仁の乱により、失われていった大路・小路。一方、「上京」・「下京」の成立や、大路・小路から「通」への変化など、現代につながる新たな動きが。次々に変化していく"首都"京都を、信長や秀吉たちはどのように支配したのか!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 『日本教会史』に記された戦国の京都
  • 口絵 絵で見る戦国京都の大路小路
  • 第1部 戦国時代の都市・京都(城塞都市・京都
  • 大路・小路から通へ)
  • 第2部 惣構のなかの竪小路・横小路(南北をつらぬく竪小路
  • 東西に延びる横小路)
  • エピローグ 秀吉の京都改造と道路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国京都の大路小路
著作者等 河内 将芳
書名ヨミ センゴク キョウト ノ オオジ コウジ
書名別名 Sengoku kyoto no oji koji
シリーズ名 シリーズ〈実像に迫る〉 012
出版元 戎光祥
刊行年月 2017.8
ページ数 106p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-258-2
NCID BB24322148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想