視覚の生命力

柏木博 著

デジタル・メディアの急速な発達と並行して、写真やイメージといった視覚にかかわるもの一般への関心も高まっている。眼に映るものだけではない。人々は見えないものも見るために工夫を凝らし、さまざまなものにそれらを投影してきたのだ。われわれは、何を、どう見ているのか-カメラ・記憶・夢を手掛かりに腑分けした「視覚の解剖図」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 眼をめぐって(金子國義のイメージの室内
  • 視覚の人-六畳の病室の子規
  • 旅行=滞在すること、移動すること)
  • 2 見るための装置(写真・歴史・マイクロヒストリー
  • 視覚装置1 一〇〇年後の視覚装置の再発見-バウハウスの写真
  • 視覚装置2 窓あるいはフレーム)
  • 3 見えない世界(老朽化・廃棄=記憶の喪失
  • 微細な徴候から世界にふれること
  • 無意識の夜のなかに-つげ義春の「夢の散歩」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚の生命力
著作者等 柏木 博
書名ヨミ シカク ノ セイメイリョク : イメージ ノ フッケン
書名別名 イメージの復権

Shikaku no seimeiryoku
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.8
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061215-9
NCID BB2431414X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想