中国史学の方法論

中国社会科学院歴史研究所, 東方学会, 早稲田大学総合人文科学研究センター [編] ; 渡邉義浩 編

この本の情報

書名 中国史学の方法論
著作者等 中国社会科学院歴史研究所
早稲田大学総合人文科学研究センター
東方学会
渡辺 義浩
書名ヨミ チュウゴク シガク ノ ホウホウロン : ダイハチカイ ニッチュウ ガクシャ チュウゴク コダイシ ロンダン ロンブンシュウ
書名別名 第八回日中学者中国古代史論壇論文集
出版元 汲古書院
刊行年月 2017.5
ページ数 301,5p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7629-6594-4
NCID BB24308169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22947536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『史記』と出土資料の方法論 藤田勝久
中国王権の誕生 小祝大輝, 王震中
中国貴族制と文化資本論の射程 渡邉義浩
中国近世小説研究の一視角 仙石知子
二〇世紀前期における長城研究モデルの変遷と時代的思想 三津間弘彦, 趙現海
伝統中国の経済秩序をどのようにモデル化するか 岸本美緒
宋代東宮の名目化現象について 范帥, 袴田郁一, 陳峰
敦煌写本における字形の近似同形の書写挙例. 2 武紹衛, 王曉燕, 郝春文, 関俊史
文学史という方法論 牧角悦子
方法としての溝口雄三 小島毅
民国時期の中国文化史研究総論 薛瑞澤, 西念咲和希
清華簡「繋年」の批判的検討 植田喜兵成智, 金秉駿
王権主義学派の史学方法論の思想 李振弘
疑古と釋古 西山尚志
白鳥庫吉の東洋史学 吉澤誠一郎
社会の性質から出発する 李紅岩, 長谷川隆一
社会史から思想史へ 和久希, 王啓發
第八回日中学者中国古代史論壇の開催にあたって 池田知久
第八回日中学者中国古代史論壇をお迎えして 李成市
第八回日中学者中国古代史論壇挨拶 王震中
第八回日中学者中国古代史論壇挨拶 朱昌栄
総合討論 牧角悦子 司会, 王啓發 ほか
近年の中国思想史での叙述形式への再考 初海正明, 汪学群
近現代の科学観よりみる宋学・清学研究及びその方法論の啓示 徐国利, 黒﨑恵輔
高敏先生史学思想浅析 成田優子, 高凱
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想