花のルーツを探る

髙橋正道 著

被子植物の花はいつ出現し、どのように進化してきたのか-最新の成果を紹介。花の化石から探る進化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白亜紀という年代
  • 被子植物の祖先群
  • 被子植物の分岐年代と起源地
  • 植物の小型化石とは何か?
  • 日本で発見された白亜紀の小型化石
  • 白亜紀の花
  • 白亜紀の果実と種子
  • 花の進化傾向
  • 授粉機構の進化
  • 種子の散布様式の進化
  • 白亜紀の森林
  • 被子植物の進化史
  • エピローグ-未来の研究者へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花のルーツを探る
著作者等 高橋 正道
〓橋 正道
書名ヨミ ハナ ノ ルーツ オ サグル : ヒシ ショクブツ ノ カセキ
書名別名 被子植物の化石

Hana no rutsu o saguru
シリーズ名 シリーズ・生命の神秘と不思議
出版元 裳華房
刊行年月 2017.7
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7853-5121-2
NCID BB24262512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想