論理的思考最高の教科書

福澤一吉 著

論理とは何か、論理的に思考するとは何か、演繹と帰納はどのように違うのか、はたまた論証上の誤りや認知的なバイアス(誤謬)とは何か。こういった事柄について知っておくのは、議論の場だけではなく、日常生活でも有効かつ重要です。さらには、相関と因果の違いについても、理解しておきたいものです。論証のもととなる根拠に使われるデータが偏りのない適正なものであることも、見極めなければなりません。本書は、一般的に言われる論理的思考についての誤解を解き、「論理」「論理的であるということ」の意味を改めて解き明します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 論理的思考についての誤解を解く
  • 第2章 主張と主張をつなぎ合わせる
  • 第3章 論証の二大分類:演繹的論証と帰納的論証
  • 第4章 帰納的論証の詳細
  • 第5章 仮説演繹法
  • 第6章 論証を通して推論上の誤りに敏感になる
  • 第7章 認知スタイルを通して論証上の誤りに敏感になる
  • 第8章 相関と因果と論証

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理的思考最高の教科書
著作者等 福沢 一吉
福澤 一吉
書名ヨミ ロンリテキ シコウ サイコウ ノ キョウカショ : ロンショウ オ シリ ゴビュウ ニ ビンカン ニ ナル タメ ノ レンシュウ
書名別名 論証を知り、誤謬に敏感になるための練習
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-386
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2017.8
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-9142-8
NCID BB24254070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22942666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想