睡眠の科学

櫻井武 著

初版刊行後の最新知見を大幅加筆!近年の睡眠研究の進歩はめざましい。ノンレム睡眠時に老廃物を洗い流す、「グリンパティックシステム」の発見、日本で発売された画期的な不眠症治療薬、「睡眠負債」が溜まるメカニズムなど、世界の睡眠研究をリードする著者が最新知見をもとに迫る「睡眠の本質」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ眠るのか?-いまだに解けない謎と、記憶強化にはたす睡眠の驚くべき効果
  • 第2章 最新技術で探る「睡眠の正体」-画像解析でわかった「レム睡眠とノンレム睡眠はこんなに違う」
  • 第3章 睡眠と覚醒を切り替える脳のしくみ-神経伝達物質とニューロンがつくりだす巧妙な2つのシステム
  • 第4章 睡眠障害の研究から生まれた大発見-覚醒をもたらす物質「オレキシン」の決定的に重要な役割とは
  • 第5章 オレキシンが明かした「覚醒」の意味-ヒトや動物は、なぜ目覚めなくてはならないのか
  • 第6章 ヒトはどこまで睡眠をあやつれるか-不眠治療薬の最前線と「眠らないですむ薬」の可能性
  • 第7章 睡眠に関する日常の疑問と、これからのテーマ-「夢」の役割、「腹時計」から、睡眠物質では解けない謎まで
  • 終章 なぜ眠るのか-私の仮説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 睡眠の科学
著作者等 櫻井 武
書名ヨミ スイミン ノ カガク : ナゼ ネムル ノカ ナゼ メザメル ノカ
書名別名 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか
シリーズ名 ブルーバックス B-2026
出版元 講談社
刊行年月 2017.8
版表示 改訂新版
ページ数 256,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502026-5
NCID BB24230196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想