徳川吉宗の武芸奨励

横山輝樹 著

「ひたすら講武の事を沙汰せられける」太平の江戸時代中期、質実剛健の士風はすたれ、幕府の中核部隊であるはずの旗本五番方の面々は満足に乗馬も出来ない体たらくであった。こうしたなか将軍となった徳川吉宗は、新旧さまざまな武芸奨励を実施し、軍事演習さながらの大規模な狩猟をも敢行した。番士を鍛え直すべく始められた、吉宗の武芸奨励の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 衰えゆく尚武の気風と吉宗の登場
  • 第2章 惣領番入制度-旗本惣領に対する武芸奨励
  • 第3章 武芸上覧と武芸見分
  • 第4章 狩猟の復興と勢子運用の発展
  • 第5章 小金原鹿狩
  • 終章 吉宗の武芸奨励の意義-伝統と革新、その二面性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川吉宗の武芸奨励
著作者等 横山 輝樹
書名ヨミ トクガワ ヨシムネ ノ ブゲイ ショウレイ : キンセイ チュウキ ノ ハタモト キョウカサク
書名別名 近世中期の旗本強化策

Tokugawa yoshimune no bugei shorei
出版元 思文閣
刊行年月 2017.7
ページ数 250,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1899-8
NCID BB24229299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22939124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想