実践ポジティブ心理学

前野隆司 著

ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに対して、普通の健康状態にある人が「どうすればもっと幸せになれるのか?」を追究する分野です。「マインドフルネス」「レジリエンス」などもポジティブ心理学の重要なキーワードです。アメリカの心理学会会長だったマーティン・セリグマン氏がその概念を1998年に発表し、いまやアメリカのみならず世界各地でその研究は進んでいます。本書では、ポジティブ心理学を日々どのように活かしていけばよいかを明らかにします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポジティブ心理学を知ろう
  • 第2章 幸せのための条件とは?
  • 第3章 いいストレスは幸せにつながる
  • 第4章 日本人のためのポジティブ心理学(幸せの四つの因子)
  • 第5章 実践のためのハッピーエクササイズ
  • 第6章 ポジティブ心理学をどう社会に生かしていくか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践ポジティブ心理学
著作者等 前野 隆司
書名ヨミ ジッセン ポジティブ シンリガク : シアワセ ノ サイエンス
書名別名 幸せのサイエンス
シリーズ名 PHP新書 1110
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83617-1
NCID BB24222686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22944403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想