B型・C型肝炎の抗ウイルス療法

持田智 編

[目次]

  • 1 治療指針とガイドライン
  • 2 B型肝炎の抗ウイルス療法(IFN、Peg‐IFN
  • 核酸アナログ製剤)
  • 3 C型肝炎の抗ウイルス療法(IFN、Peg‐IFN:単独およびリバビリンとの併用療法
  • NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬:Peg‐IFN、リバビリンとの3剤併用療法
  • ダクラタスビルとアスナプレビルの併用療法
  • ソホスブビル/レジパスビル配合薬による治療
  • オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル配合薬による治療
  • ソホスブビルとリバビリンの併用療法
  • エルバスビルとグラゾプレビルの併用療法)
  • 4 抗ウイルス療法の課題と留意点(B型肝炎
  • C型肝炎
  • 医療経済)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 B型・C型肝炎の抗ウイルス療法
著作者等 持田 智
書名ヨミ ビーガタ シーガタ カンエン ノ コウウイルス リョウホウ : サイゼンセン ノ チリョウ エッセンス
書名別名 最前線の治療エッセンス
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2017.7
ページ数 195p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7532-2843-0
NCID BB24215716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想