戦争と平和

百田尚樹 著

日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから-。「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。ベストセラー『永遠の0』に秘めた、本当の想いとは。作家が「何としても戦争を回避しなければならない」という強い想いから真摯に綴った、圧倒的説得力の反戦論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゼロ戦とグラマン(極限状況下に短所は現れる
  • 根本から異なる設計思想
  • 職人技を求める日本 ほか)
  • 第2章 『永遠の0』は戦争賛美小説か(五〇歳の決心
  • 小説家を目指した動機
  • 戦争を語り継ぐ ほか)
  • 第3章 護憲派に告ぐ(永世中立国スイス
  • 自衛隊は軍隊ではない
  • 能登半島沖不審船事件 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と平和
著作者等 百田 尚樹
書名ヨミ センソウ ト ヘイワ
書名別名 Senso to heiwa
シリーズ名 新潮新書 731
出版元 新潮社
刊行年月 2017.8
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610731-3
NCID BB24207183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想