ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?

福島創太 著

いま、「ゆとり世代」の若者の転職が増えている。自分らしいキャリアを模索して転職をくり返す人や、「ここではないどこかへ」と気軽に会社を渡り歩く人が増えているのだ。本書は、若者たちに綿密なインタビューを実施、分析し、転職するように彼らを煽る社会構造をあぶり出す。"意識高い系"の若者は何を考えて転職するのか?転職する若者が抱えるリスクとは?若者のキャリアに社会はどう向き合うべきか?同世代の社会学者として、人材会社社員として、若者のキャリアに向き合ってきた著者が回答を示す。上司の世代も当事者の世代も必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-"自分らしいキャリア"って何?
  • 第1章 若者の転職は問題なのか?
  • 第2章 夢を追う"意識高い系"
  • 第3章 漂流する"ここではないどこかへ系"
  • 第4章 社会の思惑
  • 第5章 自己責任の罠
  • 第6章 キャリア面談は有効か?
  • 第7章 社会が本当に取り組むべきこと
  • おわりに-もう一つの結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?
著作者等 福島 創太
書名ヨミ ユトリ セダイ ワ ナゼ テンショク オ クリカエス ノカ : キャリア シコウ ト ジコ セキニン ノ ワナ
書名別名 キャリア思考と自己責任の罠

Yutori sedai wa naze tenshoku o kurikaesu noka
シリーズ名 ちくま新書 1275
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.8
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06982-5
NCID BB24192938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22954098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想