三菱財閥最強の秘密

田中幾太郎 著

日本最大のコングロマリット、三菱財閥。スリーダイヤが築く経済規模は200兆円超ともいわれ、二大巨頭の三井、住友を凌駕する。まさに世界を席巻する最強エリート集団である。国産旅客機MRJの納入遅延やリコール隠しなどの不祥事で凋落説がささやかれたこともあったが、その圧倒的な"財閥力"と堅固な"結束力"で逆境を乗り越えてきた。その強さの秘密はどこにあるのか-?最高意思決定機関「金曜会」や「総資産300兆円」といわれる三菱金融グループの実態、三菱自動車の行方など、さまざまな視点から徹底解剖。日本のトップを疾走する企業集団の実像と虚像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三菱自動車の行方
  • 第2章 最高意思決定機関「金曜会」の秘密
  • 第3章 「総資産300兆円」の三菱金融グループ
  • 第4章 ザ・商社「三菱商事」最強伝説の虚実
  • 第5章 三菱を動かす慶應ネットワーク
  • 第6章 揺らぐ名門「三菱重工業」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三菱財閥最強の秘密
著作者等 田中 幾太郎
書名ヨミ ミツビシ ザイバツ サイキョウ ノ ヒミツ
書名別名 Mitsubishi zaibatsu saikyo no himitsu
シリーズ名 宝島社新書 481
出版元 宝島社
刊行年月 2017.7
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-7168-6
NCID BB24180360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想