「ポピュラーカルチャー論」講義

片上平二郎 著

「みんな」の文化は存在するのだろうか?インターネット/Jポップ/トレンディドラマ/少年ジャンプ/キャラクターグッズ/オカルト/フォーク・ミュージック…人々が楽しむ文化が描き出す、それぞれの時代の社会意識とは。社会学的視点から、「みんな」の文化としてのポピュラーカルチャーを、それを支える時代意識とともに考える架空の講義録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 イントロダクション-文化の楽しさ、社会学の楽しさ
  • 第2回 文化≒コミュニケーション-インターネットは「ポピュラーカルチャー」たりえるのか?
  • 第3回 90年代音楽バブルとはなんだったのか?
  • 第4回 トレンディ!な空間
  • 第5回 少年ジャンプの弁証法
  • 第6回 ファンシーが充満する80年代
  • 第7回 あなたの知らない世界-70年代オカルトブームを考える
  • 第8回 「私たちの歌」と「みんなの歌」-フォーク・ソングの変遷
  • 最終回 ふたたび現在のポピュラーカルチャーを考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ポピュラーカルチャー論」講義
著作者等 片上 平二郎
書名ヨミ ポピュラー カルチャーロン コウギ : ジダイ イシキ ノ シャカイガク
書名別名 時代意識の社会学

Popyura karucharon kogi
出版元 晃洋書房
刊行年月 2017.7
ページ数 270,3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7710-2898-2
NCID BB24176680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22938942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想