世界を翻弄し続ける中国の狙いは何か

濱本良一 著

集団指導体制から習近平の強烈なリーダーシップによる一極支配体制へと変貌した共産党政権。「一帯一路」構想、AIIB、南シナ海問題、汚職摘発、抗日勝利七〇周年軍事パレード、香港「雨傘運動」-「新常態(ニューノーマル)」の時代へとはいった中国と東アジア情勢の変化をたどる。外交、内政、経済から現代中国の動向を追う「シリーズ・チャイナウォッチ」待望の第三巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 着々と進む習近平集権化
  • 第2章 世界情勢の急変に対応する中国
  • 第3章 香港で「雨傘運動」、形骸化進む「一国二制度」
  • 第4章 汚職追放キャンペーンが一段落
  • 第5章 南シナ海とサイバーで対峙する米中両国
  • 第6章 後退が顕著になった中国経済

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を翻弄し続ける中国の狙いは何か
著作者等 濱本 良一
書名ヨミ セカイ オ ホンロウ シツズケル チュウゴク ノ ネライ ワ ナニカ : ニセンジュウヨン ニセンジュウゴネン
書名別名 2014~2015年
シリーズ名 シリーズ・チャイナウォッチ 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.7
ページ数 422,22p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07974-2
NCID BB24174277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想