ウィトゲンシュタインの教育学

渡邊福太郎 著

「語りえぬもの」、その先へ。『論考』で沈黙した哲学者は、「教育」を手がかりに再び語り出す。新進気鋭の若手が描く、「第三のウィトゲンシュタイン」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1章 ウィトゲンシュタインと教育学
  • 第2章 教育の言語ゲーム
  • 第3章 イニシエーションと訓練
  • 第4章 言語・事物・規範性
  • 第5章 子どもの他者性
  • 第6章 語りえぬものの伝達
  • 第7章 教育と言語の限界
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタインの教育学
著作者等 渡邊 福太郎
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ノ キョウイクガク : コウキ テツガク ト ゲンゴ ノ ゲンカイ
書名別名 後期哲学と「言語の限界」
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2017.7
ページ数 234,15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-2443-0
NCID BB24131762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22937333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想