家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

山本博文 著

かつて、日本が徳川家光政権時に「鎖国」にいたった道筋は、現在の状況によく似ている。世界的にも「内向き」傾向の今、その歴史の流れをつかむ。刻々と変わる海外情勢、幕府内部の勢力関係の変化、それゆえに起こる外交方針の急展開、そして将軍・家光の個性にいたるまで、総合的に追究することで、「鎖国」の本質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 一六・一七世紀の東アジア
  • 第2 家光の政治と対外関係
  • 第3 島原の乱とその影響
  • 第4 幕府・藩・朝廷
  • 第5 都市と農村
  • 第6 外からの脅威と幕政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家光は、なぜ「鎖国」をしたのか
著作者等 山本 博文
書名ヨミ イエミツ ワ ナゼ サコク オ シタ ノカ
書名別名 Iemitsu wa naze sakoku o shita noka
シリーズ名 河出文庫 や37-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.6
ページ数 288p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41539-0
NCID BB24111390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22903039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想