大田舎・東京

古市憲寿 著

まさか、東京を「大都会」だと思っていませんか…?気鋭の社会学者が、地上2.3メートルの"ちょっとだけ上から目線"で綴る、東京=日本論。バスの窓から見つけた、東京の秘密100。小池百合子都知事との対談も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新橋駅前‐渋谷駅前「六本木はまるでスラム街」
  • 東大構内‐上野駅前「東大には今日も病院バスが走る」
  • 東京テレポート前‐中央防波堤「徒歩で立ち入れない湾岸の秘境がある」
  • 新橋駅前‐築地中央市場‐新橋駅前「呪われた場所ばかりを結ぶバス」
  • 東京テレポート駅前‐門前仲町「お台場は今も90年代が続いている」
  • 渋谷駅前‐六本木ヒルズ「六本木にそびえ立つ巨大ショッピングモール」
  • 新宿駅西口‐都庁‐新宿駅西口「副都心は人間にちっとも優しくない」
  • 東京駅丸の内北口‐浅草雷門‐錦糸町駅前「都バスには『夢の下町』行きのバスがある」
  • 大塚駅前‐錦糸町駅前「文京区には高さ142mの巨大区役所がある」
  • 早大正門‐高田馬場駅前「早稲田大学はまるでデパート」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大田舎・東京
著作者等 古市 憲寿
書名ヨミ ダイイナカ トウキョウ : トバス カラ ミツケタ ニッポン
書名別名 Tokyo as Countryside

Tokyo as Countryside : 都バスから見つけた日本

Dainaka tokyo
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.6
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-16-390512-9
NCID BB24101896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22921854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想