物語ポーランドの歴史

渡辺克義 著

十世紀に産声をあげたポーランド王国は、十四〜十六世紀に隆盛を極めるが、王朝断絶後、衰退に向かう。十八世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅。第一次大戦後に束の間の独立を勝ち取るも、第二次大戦中にはドイツとソ連に再び国土を蹂躙された。冷戦下の社会主義時代を経て一九八九年に民主化を達成。潜在力を秘めた地域大国は今、どこへ向かうのか。栄光と悲運に彩られた国と民族の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 王国の黎明期
  • 第1章 中世の大国-ポーランド・リトアニア連合王国の隆盛
  • 第2章 王制の終焉と国家消滅-露・普・墺によるポーランド分割
  • 第3章 列強の支配と祖国解放運動-繰り返される民族蜂起
  • 第4章 両大戦間期-束の間の独立とピウスツキ体制
  • 第5章 ナチス・ドイツの侵攻と大戦勃発-亡命政府と地下国家の成立
  • 第6章 ソ連による解放と大戦終結-ワルシャワ蜂起の功罪
  • 第7章 社会主義政権時代-ソ連支配のくびきの下で
  • 第8章 民主化運動と東欧改革-自主管理労組「連帯」とワレサ
  • 終章 ポーランドはどこへ向かうのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ポーランドの歴史
著作者等 渡辺 克義
書名ヨミ モノガタリ ポーランド ノ レキシ : トウオウ ノ タイコク ノ クナン ト サイセイ
書名別名 東欧の「大国」の苦難と再生
シリーズ名 中公新書 2445
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.7
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102445-9
NCID BB24083320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22934496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想