地政学入門 : 外交戦略の政治学

曽村 保信【著】

地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。誤解されがちだが、観念論でも宿命論でもない。本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代表するハウスホーファー、そしてマハンらによるアメリカ地政学を取り上げ、その歴史と考え方を紹介する。地図と地球儀を傍らに、激動の国際関係を読み解こう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地球儀を片手に
  • 第1章 マッキンダーの発見(地政学の起こりと古典
  • 英国の海上権の衰退 ほか)
  • 第2章 ハウスホーファーの世界(ハウスホーファーと日本
  • 生活圏の哲学 ほか)
  • 第3章 アメリカの地政学(モンロー主義の発展過程
  • 西半球防衛の展望 ほか)
  • 終章 核宇宙時代の地政学(ソ連と地政学
  • アフリカおよび中近東の地政学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地政学入門 : 外交戦略の政治学
著作者等 曽村 保信
書名ヨミ チセイガクニュウモン : ガイコウセンリャクノセイジガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.7.25
版表示 改版
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-180721-2
NCID BB24082667
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想