一九四五占守島の真実

相原秀起 著

終戦後の昭和20年8月17日深夜。ソ連は千島、北海道の占領をめざし、千島列島最北端の占守島への侵攻を開始する。この暴挙に対し、日本軍は敢然と反撃。結果、戦車部隊を率いた池田末男連隊長はじめ約300名の戦死者を出すものの、ソ連軍には約3000名の損害を与え、侵攻を足止めした。もし、その戦いがなければ、北海道はソ連に占領され、日本の戦後は大きく変わっていたかもしれない。だが奮闘した男たちは、シベリアに送られ、さらに苦闘を重ねることになる…。貴重な証言から浮かび上がる、知られざる真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最前線
  • 第2章 終戦三日後の激戦
  • 第3章 停戦
  • 第4章 抑留
  • 第5章 戦後
  • 第6章 時が止まった島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九四五占守島の真実
著作者等 相原 秀起
書名ヨミ センキュウヒャクヨンジュウゴ シュムシュトウ ノ シンジツ : ショウネン センシャヘイ ガ ミタ サイゴ ノ センジョウ
書名別名 少年戦車兵が見た最後の戦場
シリーズ名 PHP新書 1104
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.7
ページ数 273p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83634-8
NCID BB24079709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想