戦争をよむ

中川成美 著

克明な心理描写をまじえて戦争と人間の真実に分け入る小説作品は、戦争のリアルを伝える大切な語り部だ。物語のなかに封じ込められた、戦時下を生きる人びとの細やかな感覚、日々の葛藤、苦しみ、そして悲しみ。記憶の風化とともに失われていく、かつての時代の手がかりを求めて、戦争の文学を再読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦時風景
  • 第2章 女性たちの戦争
  • 第3章 植民地に起こった戦争は-
  • 第4章 周縁に生きる
  • 第5章 戦争責任を問う
  • 終章 いまここにある戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争をよむ
著作者等 中川 成美
書名ヨミ センソウ オ ヨム : ナナジッサツ ノ ショウセツ アンナイ
書名別名 70冊の小説案内

Senso o yomu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1670
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.7
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431670-1
NCID BB24075151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22938528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想