日本の長い戦後

橋本明子 [著] ; 山岡由美 訳

憲法改正、領土問題、歴史認識問題はなぜ、こんなにも軋轢を招くのか。アメリカで教える気鋭の社会学者が比較文化の視点から、日本の「敗戦の文化」を考察する。私たちが家族、学校、メディアをとおして触れる戦時の物語は多様だ-戦場で英雄だった祖父、加害の体験を話さずに逝った父、トラウマを解消できない被害者たち。それらの記憶は、史実に照らして見直されることなく共存し、家族内では、調和が最優先される語りが主観的に選びとられる。高校の歴史教科書・歴史漫画の分析からは、なぜ若い世代が自国に自信をもてないか、その理由が見えてくる。そしてメディアは、記憶に政治色をつけながら、それぞれ違う物語を映し出す。戦後70年を過ぎた今、不透明な過去に光を当て、問題の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 敗戦の傷跡と文化的記憶(文化的トラウマ、記憶、国民アイデンティティ
  • 戦争の記憶をめぐる三つの道徳観とその語り ほか)
  • 第2章 個人史と家族史を修復する記憶(戦中世代の証言
  • 語らない親との対話-溝を埋め、傷を癒す ほか)
  • 第3章 敗北感の共有とその位置づけ-メディアのなかの英雄、被害者、加害者の物語(政治パフォーマンスとしての追悼
  • 追悼の季節の文化メディア ほか)
  • 第4章 戦争と平和の教育-子供にどう第二次世界大戦を教えるか(上からの歴史-教科書のなかの戦争と平和
  • 下から見た歴史-「学習漫画」のなかの戦争と平和 ほか)
  • 第5章 敗戦からの回復とは何か-他国との比較から(敗戦の文化を乗り越える-道義的回復に向けた三つの展望
  • 和解のグローバル・モデルはあるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の長い戦後
著作者等 Hashimoto, Akiko
山岡 由美
橋本 明子
書名ヨミ ニホン ノ ナガイ センゴ : ハイセン ノ キオク トラウマ ワ ドウ カタリツガレテ イルカ
書名別名 THE LONG DEFEAT

敗戦の記憶・トラウマはどう語り継がれているか
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.7
ページ数 200,56p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08621-5
NCID BB2407165X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想