蔵書一代

紀田順一郎 著

やむをえない事情から3万冊超の蔵書を手放した著者。自らの半身をもぎとられたような痛恨の蔵書処分を契機に、「蔵書とは何か」という命題に改めて取り組んだ。近代日本の出版史・読書文化を振り返りながら、「蔵書」の意義と可能性、その限界を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "永訣の朝"
  • 第1章 文化的変容と個人蔵書の受難
  • 第2章 日本人の蔵書志向
  • 第3章 蔵書を守った人々
  • 第4章 蔵書維持の困難性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蔵書一代
著作者等 紀田 順一郎
書名ヨミ ゾウショ イチダイ : ナゼ ゾウショ ワ フエ ソシテ サンイツ スル ノカ
書名別名 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか

Zosho ichidai
出版元 松籟社
刊行年月 2017.7
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87984-357-9
NCID BB24068305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22971873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想