吉田松陰の再発見

山口栄鉄 著

黒船への密航を企てた松陰が米国の通訳官に手渡した密書が米国のエール大学に保管されている。この資料の存在をいち早く日本に紹介した著者が松陰の思想と行動、現代的意義をわかりやすく解説。英文による初の松陰伝を書いた英国の文豪スティーブンソン、黒船上で松陰と筆談した通訳官ウィリアムズが教鞭を執ったエール大学、エールの東アジアコレクションで知られる朝河貫一-など多角的なテーマから松陰の再評価を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 松陰復活の兆し-世界に轟く名声(吉田松陰とエール大学古文書館
  • 獅子吼する獄囚
  • 松陰、黒船上のウィリアムズと対面
  • 漂流、踏海者の光と陰-ジョン万次郎、松陰、音吉、ジョセフ彦
  • 佐久間象山と松陰)
  • 第2章 英国の文豪スティーブンソンの松陰発見(古都エジンバラに集う四人の紳士
  • YOSHIDA TORAJIRO)
  • 第3章 現代の志士朝河貫一
  • 附論 開国史関係文献解題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉田松陰の再発見
著作者等 山口 栄鉄
書名ヨミ ヨシダ ショウイン ノ サイハッケン : イコク ニ ネムル ザンエイ
書名別名 異国に眠る残影

Yoshida shoin no saihakken
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2017.7
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8295-0716-2
NCID BB24065056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22930442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想