歌舞伎とはいかなる演劇か

武井協三 著

かぶき者・当代性・断片性・好色性・饗宴性・女方・見立て-七つの視点から迫る歌舞伎の本質。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歌舞伎とはいかなる演劇か(カイミーラ歌舞伎
  • かぶき者の登場
  • 当代性-時代の旬を描く演劇
  • 断片性-ストーリーのない演劇
  • 歌舞伎の生まれ故郷-好色と売色
  • 饗宴性-飲み食いの中の演劇
  • 女方-女優のいない演劇
  • 見立て-登場人物にならない演技)
  • 第2部 初期歌舞伎の諸相(『役者絵づくし』の研究-諸本紹介・成立年代考証・象眼
  • 断片の演劇-歌舞伎と人形浄瑠璃
  • 江戸の演劇空間-もう一つの劇場
  • 色白の女方-今村久米之助の生涯
  • うわなりの開山 玉川千之丞-「河内通」とその演技
  • ボストン美術館蔵『江戸芝居町図屏風』-景観年代について)
  • 第3部 資料紹介『役者絵づくし』解説・翻刻・影印

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌舞伎とはいかなる演劇か
著作者等 武井 協三
書名ヨミ カブキ トワ イカナル エンゲキ カ
書名別名 Kabuki towa ikanaru engeki ka
出版元 八木書店古書出版部 : 八木書店
刊行年月 2017.6
ページ数 307,22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8406-9762-0
NCID BB24064337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22929402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想