江戸始図でわかった「江戸城」の真実

千田嘉博, 森岡知範 著

徳川家康が築城した江戸城は、いくたびもの改築や焼失によって、その本当の姿は、はっきりしていなかった。しかし、二〇一七年二月八日、松江市が発表した「江戸始図」によって、その姿がより鮮明に浮かび上がってきた。「江戸始図」とは、家康が築城した初期の江戸城の絵図のことである。これによって、江戸城が強力な要塞機能を備え、当時最高の高さを誇っていたことがはっきりわかった。本書は、その「江戸始図」を解読した奈良大学教授の千田嘉博氏と歴史研究家の森岡知範氏が、江戸城と江戸の都市の歴史について解説した一冊である。最新の研究による江戸の姿がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「江戸始図」の意味と価値
  • 第2章 計画都市・江戸
  • 第3章 城としての江戸城
  • 第4章 江戸の城下
  • 第5章 家康入府以前の江戸の歴史
  • 第6章 家康の生涯と城

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸始図でわかった「江戸城」の真実
著作者等 千田 嘉博
森岡 知範
書名ヨミ エド ハジメズ デ ワカッタ エドジョウ ノ シンジツ
シリーズ名 宝島社新書 478
出版元 宝島社
刊行年月 2017.6
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-7129-7
NCID BB2405405X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想