海なお深く : 徴用された船員の悲劇

全日本海員組合【編】

[目次]

  • 上巻(緒戦の海-昭和16年〜17年/開戦当時の海上輸送
  • 制海権なき帝国シーレーン-昭和18年/南方海域、昭和19年/北洋方面
  • 戦火の海の標的となって-昭和16年〜20年/反復被災を生きのびた船員たち
  • 特攻船団の潰滅-昭和19年〜20年/断末魔の海上補給路で
  • 受難の傷あと-昭和20年〜敗戦/痛恨の記憶を胸に
  • 残された者の戦記-遺族の思いはいまも海に)
  • 下巻(戦時体制へのうねり-昭和12年〜16年/日中戦争下の徴用船舶
  • 船舶総動員の補給路で-昭和16年〜18年/奇襲開戦のもたらした辛酸
  • 潰滅への怒涛-昭和19〜20年/帝国海軍の末期の海で
  • 特攻輸送の生と死-昭和20年〜敗戦/"水漬く屍"の船友に代って
  • 兵士たちの見た戦火の海-護衛艦・関連部隊からの証言
  • 癒やされぬ傷を負って-船員家族・軍属の戦時体験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海なお深く : 徴用された船員の悲劇
著作者等 全日本海員組合
海員組合
海員
書名ヨミ ウミナオフカク : チョウヨウサレタセンインノヒゲキ
出版元 成山堂書店
刊行年月 2017.7.20
ページ数 2冊
大きさ 22cm
ISBN 978-4-425-30403-5
NCID BB2404719X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想