男子劣化社会

フィリップ・ジンバルドー, ニキータ・クーロン 著 ; 高月園子 訳

ゲーム中毒、引きこもり、ニート…いまや記録的な数の男たちが、社会からはじかれている。学業では女子に敵わず、女性との付き合いや性関係でしくじり、正規の職に就くことができない。世界的な不況や、社会構造の変化、そしてネットの普及が、彼らをより窮地に追い込み、ゲームやネットポルノの中に縛り付けている。本書は、行動心理学、社会学、生理学の成果などを駆使しながら、今、若者たち、特に男性にどんな変化が起きているのかを検証。さらにその原因を解明していく。社会の変化によって、「男らしさ」や「男の役割」も変更を迫られている。先進国共通の男子の問題に、解決策はあるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 症状(教育に幻滅
  • 労働力からの脱落
  • 度を越えた男らしさ-ソーシャル・インテンシティ・シンドローム(SIS) ほか)
  • 2 原因(船頭のいない家族-父親不在
  • 問題だらけの学校
  • 環境の変化 ほか)
  • 3 解決法(政府ができること
  • 学校ができること
  • 両親にできること ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男子劣化社会
著作者等 Coulombe, Nikita D
Zimbardo, Philip G.
高月 園子
Zimbardo Philip
クーロン ニキータ
ジンバルドー フィリップ
書名ヨミ ダンシ レッカ シャカイ : ネット ニ ツナガリッパナシ デ ツナガレナイ
書名別名 Man(Dis)connected

ネットに繋がりっぱなしで繋がれない
出版元 晶文社
刊行年月 2017.7
ページ数 342p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7949-6968-2
NCID BB24034369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22934693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想