根来寺と延慶本『平家物語』 : 紀州地域の寺院空間と書物・言説

大橋 直義【編】

覚鑁上人によって、大伝法院領荘園である弘田荘(和歌山県岩出市)に開かれ、頼瑜が大伝法院の堂塔を移したことにより、新義真言宗の拠点として成立した根来寺。そこは単に「古刹」とするにとどまらない、多様な意義を有した寺院空間であった。この根来寺において著述・編纂された延慶本『平家物語』と紀州地域との関わり、その書物としての成り立ちを再検討し、延慶本という書物が存在した場のありかた、延慶本が持つ説話論的な多様性を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション(紀州地域学というパースペクティヴ-根来寺と延慶本、平維盛粉河寺巡礼記事について)
  • 総論(延慶本『平家物語』と紀州地域)
  • 書物としての延慶本『平家物語』と聖教(延慶本平家物語の書誌学的検討
  • 延慶本『平家物語』周辺の書承ネットワーク-智積院聖教を手懸かりとして
  • 延慶本『平家物語』の用字に関する覚書)
  • 根来寺の歴史・教学・文学とネットワーク(「束草集」と根来寺
  • 高野山大伝法院と根来寺
  • 延慶書写時の延慶本『平家物語』へ至る一過程-実質・実触・一つの相承血脈をめぐって
  • 頼瑜と如意宝珠
  • 寺院経蔵調査にみる増吽研究の可能性-安住院・覚城院)
  • 延慶本『平家物語』の説話論的環境(十三世紀末の紀州地域と「伝承」-延慶本『平家物語』・湯浅氏・無本覚心
  • 崇徳関連話群の再検討-延慶本『平家物語』の編集意図
  • 称名寺所蔵『対馬記』解題と翻刻-延慶本『平家物語』との僅かな相関)
  • 延慶本『平家物語』・紀州地域・修験(延慶本『平家物語』と熊野の修験-根来における書写を念頭に
  • 承久の乱後の熊野三山検校と熊野御幸
  • 紀州と修験-縁起から神楽へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 根来寺と延慶本『平家物語』 : 紀州地域の寺院空間と書物・言説
著作者等 大橋 直義
書名ヨミ ネゴロデラトエンギョウボンヘイケモノガタリ : キシュウチイキノジインクウカントショモツゲンセツ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2017.6.30
ページ数 244p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22677-2
NCID BB24023307
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想