反教養の理論

コンラート・パウル・リースマン [著] ; 斎藤成夫, 齋藤直樹 訳

現代オーストリアを代表する哲学者が、グローバル化した「知識社会」で経済効率やランキング競争一辺倒になったヨーロッパの大学改革を徹底批判し、すでに27刷を重ねた異例のベストセラー。「反教養」の精神に支配され、実学重視の名のもとに繰り返されてきた場当たり的な教育改革ではなく、人間性の批判的啓蒙と伝統に根ざした大学の再生を問う。教員・学生・市民必読!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 億万長者になるのは誰か、あるいは知っておかなければならないことのすべて
  • 第2章 知識社会は何を知っているか?
  • 第3章 教養・半教養・反教養
  • 第4章 PISA-ランキングという妄想
  • 第5章 知識にはどれくらいの重みがあるか?
  • 第6章 ボローニャ-ヨーロッパ高等教育圏の空虚さ
  • 第7章 エリート教育と反啓蒙
  • 第8章 差引勘定の結果としての知識の価値
  • 第9章 教育改革との決別

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反教養の理論
著作者等 Liessmann, Konrad Paul
斎藤 成夫
齋藤 直樹
リースマン コンラート・パウル
書名ヨミ ハンキョウヨウ ノ リロン : ダイガク カイカク ノ サクゴ
書名別名 THEORIE DER UNBILDUNG

大学改革の錯誤

Hankyoyo no riron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1061
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.7
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01061-3
NCID BB24012333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22937335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想