社会学への招待

ピーター・L・バーガー 著 ; 水野節夫, 村山研一 訳

社会学は、社会を研究対象とする学問だ。だが、そこで言われる「社会」とは、私たちの「日常」とイコールではない。それどころか、ときに日常は、より本質的な社会問題や社会構造を隠蔽し、見えにくくしてしまう。逆に言えば、社会の根本問題は一見「当たり前」に思える物事にこそひそんでいるのであり、それをあえて疑い、執拗に探究することが重要となる。社会学とは、そうした探究を通じて社会の成り立ちを明らかにし、その構成単位である人間主体のありようをも解明しようとする試みにほかならない-。世界中で長年使われてきた、アメリカ社会学の泰斗による大定番の入門書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 個人的娯楽としての社会学
  • 第2章 意識の一形態としての社会学
  • 第3章 補論-態度変更と生活史
  • 第4章 社会の中の人間
  • 第5章 人間の中の社会
  • 第6章 ドラマとしての社会
  • 第7章 社会学的マキアヴェリズムと倫理
  • 第8章 ヒューマニスティックな学問としての社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学への招待
著作者等 Berger, Peter L.
村山 研一
水野 節夫
バーガー ピーター・L.
書名ヨミ シャカイガク エノ ショウタイ
書名別名 INVITATION TO SOCIOLOGY

Shakaigaku eno shotai
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ハ47-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.7
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09803-0
NCID BB24001530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22939464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想