拉致と日本人

蓮池透, 辛淑玉 著

"拉致"は日本社会をどう変えたか?ヘイト・スピーチに抗する在日朝鮮人と、北朝鮮に拉致された弟の奪還に奔走した被害者家族との対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 拉致問題に取り組まない政治(なぜ政治を批判するのか
  • 安倍晋三という政治家と拉致問題 ほか)
  • 第2章 家族と国家(拉致される前の日常-新潟時代
  • 拉致される前と後と ほか)
  • 第3章 北朝鮮と在日朝鮮人(なぜ在日が拉致の標的にされなかったのか
  • 人間関係で生死が分かれる国-なぜ生き延びられたのか ほか)
  • 第4章 分断を超えて(拉致問題と在日バッシング
  • 差別は快楽である ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拉致と日本人
著作者等 蓮池 透
辛 淑玉
書名ヨミ ラチ ト ニホンジン
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.6
ページ数 151p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-002429-7
NCID BB2399030X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22927850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想