「迷惑施設」?としての学校

小野田正利 著

[目次]

  • 第1章 紅小学校の教師たち(迷惑がられる子ども、顧みない大人
  • うす〜く、ひろ〜い関係を ほか)
  • 第2章 苦情・クレーム百花繚乱(相手が「見えない」クレームの拡大
  • 商品苦情の相手先の変貌 ほか)
  • 第3章 鎧と楯(訴訟保険という必要悪
  • 少額弁護士費用保険の功罪 ほか)
  • 第4章 近隣住民との関係づくりのために(学校と近隣トラブル
  • 苦情社会の騒音問題 ほか)
  • 第5章 向き合い方は…(ニュートラルに受け止めることも必要
  • 「受け止める」と「受け入れる」は別 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「迷惑施設」?としての学校
著作者等 小野田 正利
書名ヨミ メイワク シセツ ト シテ ノ ガッコウ : キンリン トラブル カイケツ ノ ショホウセン
書名別名 近隣トラブル解決の処方箋
出版元 時事通信出版局 : 時事通信社
刊行年月 2017.6
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7887-1531-8
NCID BB23976455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22922340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想