オペラの未来

ミヒャエル・ハンペ 著 ; 井形ちづる 訳

すべてのオペラ愛好家、オペラの作り手、そして、オペラ嫌いのために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 オペラに未来はあるか?
  • 2 作品の解釈(モンテヴェルディの"ウリッセの帰還"ヘンツェ版についての所見
  • モーツァルトの"後宮からの誘拐"苦しい成熟のプロセス ほか)
  • 3 舞台上演のための必要前提条件(舞台を作るのは誰か?それはどのように学ぶのか?
  • 舞台機構 ほか)
  • 4 劇場の歴史(芸術と利潤のはざまで オペラの資金調達の歴史
  • 舞台美術の様式と錯覚 バロックから自然主義へ ほか)
  • 5 演出家ミヒャエル・ハンペ(作品と解釈の一致(文:アンゲルス・ザイプト)
  • 総監督の責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オペラの未来
著作者等 Hampe, Michael
井形 ちづる
ハンペ ミヒャエル
書名ヨミ オペラ ノ ミライ
書名別名 ALLES THEATER

ÜBER THEATER

OPER Gegenwart und Zukunft

Opera no mirai
出版元 水曜社
刊行年月 2017.7
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88065-414-0
NCID BB23972884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22926322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想